男の人

都会にも多い蜂の被害|刺される前に退治する

害獣被害を防ぐための対策

3人の作業員

街中のゴミをきちんと管理

イタチというのは平野部から山地に至るまで広く生息している動物なので、街中に餌となるゴミなどがあると姿を現します。イタチは魚や鳥などを食べる習性があるのですが、自然の中で餌を確保するよりも街中のゴミなどの方が簡単にとれるので次第に自然から都会へ移り住んでしまうのです。イタチの被害を防ぐには街中のゴミの管理をしっかりすることが必要です。また家屋の中に侵入するのは安全な場所を確保するためなので、侵入口を塞ぐなどの対策をするべきです。ほんの小さな隙間でも入り込むので、基礎の換気口などは細かい目の金網などを張った方が安心です。被害をなくすために最も効果的なのはイタチ駆除です。見つけたら捕獲することが大事なので、専門の業者に依頼します。

繁殖期の春までに駆除する

イタチが屋内の天井などに棲み着くと、糞と尿の被害が発生します。また野生の動物はダニを持ち込んだりウィルスなどを持ち込む危険があり、子どもや高齢者がいると感染しやすくなります。イタチ駆除には早期発見が大切ですので、異臭がしたり天井裏で物音がする時には要注意です。イタチは巣を作るとなかなか出ていかないという特徴があります。1度追い出してもすぐに戻ってくるので、イタチ駆除の専門家に任せた方が色々な対策をしてくれます。また夜行性という特徴があるので、寝る前に食べ物などを置かないようにすることも大事です。またイタチの繁殖時期は春なので、冬の間にイタチ駆除をしてしまうことです。繁殖してしまうと手に負えなくなるので、早めに発見して駆除することが大事です。イタチ駆除の専門業者の情報はインターネットを使うと簡単に集めることが出来ます。気になる業者を発見したら、まずは問い合わせの連絡を入れてみましょう。