男の人

都会にも多い蜂の被害|刺される前に退治する

イタチは対策次第で大丈夫

家

イタチといえば可愛らしい顔で、道路などを歩いていると時々前を横切ったりする一見害の無さそうな動物ですが、実はそうではありません。イタチによる被害には屋根裏に侵入し物音を立てて安眠妨害や餌や糞の臭いなどがあり、特に春には子育て時期に該当し被害が拡大する恐れがあります。しかし対策さえ分かれば怖くありません。個人で対策をするのは難しいですが、イタチ駆除を行ってくれる業者があり人気となってます。彼らはイタチを捕獲し、侵入口に対策を施してくれます。特にその中でも狩猟免許という資格を持っているスタッフがいる業者が人気となっていて、やはり目に見える資格がある方が安心する人も多いのが分かります。私自身も資格を持った業者に依頼することは間違いないでしょう。依頼する場合は自身の地域のイタチ駆除業者を検索し、自分にあった業者を選びましょう。

イタチ駆除を専門のプロに依頼するもの1つの手ですが、最近ではイタチ対策の商品も充実しており、それらを使用することで個人で対策をできることもあります。ホームセンターには小動物を追い払ったり、捕獲するグッズが販売されています。イタチ駆除にはイタチの習性を知ることが重要です。イタチは夜行性であり、餌の確保のために屋根裏などに作った巣から1度出て、餌が見つかればそれを巣に持ち帰りそこで食べるという行動になります。つまり対策としては餌を持ち帰れないようにすればいいのです。イタチは光を嫌うため、光を当て外に出るのを確認したら金属製のネットなどで侵入口を防いだり、忌避剤を使用し侵入口の周りを取り囲むように設置します。定期的にそれを行えばイタチは学習し侵入口に近づかなくなります。